メンバー

代表 大畠 聡  

元公立学校 教務主任               ゼネコン社員の後 玉川学園で教育を学び 教育指導の楽しさと重要性を身につける。多くの先行的なカリキュラムづくりと指導と評価は表裏一体子どもに学びが身につかないのは指導の質の問題と気付き多くの研究授業を公開。小栗康平監督と出会い、今日のSNS時代による良識あるリテラシー教育が小学生から必要と教委の苦言を無視し、知事部局から直に教育内容の研究員として指名され、多くの実験的授業を公開した。文化庁出版物に多く実践を残す。またプログラミングにも精通し、教育センター時代に、異校間で交流し、子供同士の研究成果をやり取りし意見交換ができるシステムを開発した。