運営者の紹介

代表 大畠 聡  

 

元公立学校での教鞭24年。主に教務、情報畑。

在職中は、学力、学習定着度の評価の研究。情報共有や学校間相互交流のシステム構築、感性に関わる全国公開授業など邁進。

 自分の学びに、自信や積極性の持てる授業研究に努めた。

 全国初の公教育に感性に関わる教育を小栗康平監督と出会い研究、授業公開した。

また、映画館のない山間部の学校で、移動型の35ミリ映写機による、シネマコンプレックスでかからない多様な映画を、海外大使館、文化庁、ジブリ、東宝の協力のもと映画会を行う。

文化庁出版物に多く実践を残す。