会社概要

群馬県の高校入試は、基礎的な力を評価し、面接などから入学後の伸びしろを期待できるか否かを問うものです。

したがって、日常の学校生活において基礎学力が定着できるよう過ごせるか?や将来に対しての希望や生活に対するモチベーションが持てるかが、期待されるところです。

基本的には、小学校生活から中学校までの義務教育の中で、基本的な生活習慣、学習習慣が定着していれば、好きな学校に入学できおる体制ではありますが、

県民性からか、伝統進学校への進学することを良しとする習慣が

子ども達の進学意欲を下げてしまう原因にもなっているという矛盾を作っています。

私の塾では、まず、希望校に、前期で合格しようということを大前提にカウンセリングと重ねた指導を行っています。