新コロナウィルス対応について

大変な時代になっています。医療や設備が不足している日本の実情が問われています。

残念ながら、現状をすぐ打破はできないものの、未来ある生徒たちが経験しているこの苦難を、学ぶことだけは諦めず、

将来に向かって、起こりうる、数々の困難を打破していける資質を身につけ、常に意欲を持ってチャレンジしてくれることを祈念しております。

1.教室側が設備上注意していること。

○換気に留意

○生徒と生徒との間を十分に取る。

2.教室側が生徒に指導していること。

○マスクの着用。

○むやみに、口、鼻をいじらない。目もこすらない。

○トイレのあとは、手を洗う。

○生徒同士接近しない。(話しかけない)

○終わったらすぐ帰る。

3.生徒が日常注意することとして指導喚起していること

○家に帰ったら、すぐに目、手洗い、うがいをする。

○友達同士、集まって遊ばない。

○マスクは常に清潔に、(どんな製品だろうが、少なからず効果はある。)

○日頃から差別意識を持たない。

感染症は、誰でもかかる可能性があります。予防がすぎることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA