プログミング知識の必要性とスキルの高さは、生涯給与に影響?

 公立学校では、一人一台のパソコンを備えることになっており、今全国の自治体では、予算化にヤキモキしながら奔走中です。

 しかし、良く考えてみましょう。

パソコンは機械。管理から、メンテ、毎週の様にアップデートがかかる状態で、200も500ものパソコンに、学校の誰が対応していくのでしょう。50台程度でも、相当手がかかります。アップデートを怠れば、たちまち、いざの時に使えない。

 益々、日本は遅れていきます。エンジニアやプログラマー自体が不足している現実以上に、機械に使われている。。もう、文系だからとか理系だからの時代ではありません。

子どもに技術ややる気があったとしても、個人のものでないパソコンに情熱はそそげません。

国際コミュニュケーションの道具=英語は大切。でも、変換器が発達してきています。これさえあれば最強。学校のランク付けの評価は真に必要なのでしょうか?けれど、パソコンは、ノート、プレゼン道具となっている。テレワーク化も進み、黒板のない学校も増えてきた。

何が大切なのでしょう?考えましょう?考えながら進んでいくそんな塾があってもいいのではないでしょうか?